感染予防対策について Q&A〜体温は37℃がちょうどいい?!〜 - スタッフブログ

スタッフブログ

2021/04/02
感染予防対策について Q&A〜体温は37℃がちょうどいい?!〜

 

 

 

こんにちは。

当医院にもサーモカメラの体温計が設置されました。

来院の際には必ず検温をお願いします。

 

 

 

image1-12.jpeg

 

 

 

 

 

出勤前や商業施設の入り口での検温が習慣化され

自分の体温を知る機会が増えたのではないでしょうか。

 

 

最近では見かけることがなくなった水銀式体温計は

37℃が赤字で表示してあります。

なぜ37℃が赤字で表示されているかご存知でしょうか?

 

 

これは「発熱」ではなく「平熱」を表示しているのです。

 

 

 

ボクサーが力むことなく有効なパンチを繰り出す時や

バッターが力むことなくバットを振る時

マラソン選手が一番調子良く長距離を走る時の

適温が37℃だと言われています。

 

 

 

 

身体細胞の新陳代謝が活発で

免疫力も高くほとんど病気もせず

健康で活動的な状態を保つ体温が37℃です。

 

 

 

日本人の平熱は36℃から37℃です。

平熱には個人差があり、1日のうちでも変動します。

平熱は一つではないので、時間帯ごとの平熱を

覚えておくと健康管理に便利だそうです。

起床時、昼食前、夕方、就寝前の計4回の体温を測り、

時間帯ごとの平熱として覚えておくと、発熱を正しく判断できます。

食後はすぐに体温が上がるので、食前や食間に検温するのが適切で

1日だけではなく、日を置いて何回か測ってみることで

自分の平熱を把握できます。

 

 

 

体温は誰にでも測れる身近な健康チェックです。

自分や家族の平熱を知り、変調に早く気づけるようにしていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ

Web予約