コロナウイルス感染予防対策について 〜口からはじまる肺炎〜 - スタッフブログ

スタッフブログ

2020/04/23
コロナウイルス感染予防対策について 〜口からはじまる肺炎〜

 

 

 

 こんにちは。スタッフの野村です。

 

 

 "誤嚥性肺炎"という肺炎をご存知でしょうか?

 

 

 

 

 肺炎は、現在日本人の死亡原因の高い割合を占めています。

 入院を要した高齢者の方の肺炎の種類を調べたデータによると

 80歳代の約8割、90歳以上では9割以上が誤嚥性肺炎と報告されています。

 中高年になると、誤嚥といって、食べ物や唾液が気道に

 入ってしまうことがあります。

 お口の中が不潔だと、たくさんの細菌が気管に入って肺までたどり着き

 誤嚥性肺炎という肺炎を起こしてしまいます。

 誤嚥のリスクが高い方は、ウイルス性肺炎のリスクも高くなります。

 

 

 

 適度な湿度と温度が保たれているお口の中は細菌にとって居心地よく

 歯磨きやうがいを怠ると、すぐに細菌が繁殖します。

 そのため歯磨きをしっかり行い、お口の中の細菌を増殖させないこと

 そして肺へ運び入れないことが大事です。

 

 

 

 現在、コロナウイルスについてたくさんの情報が発表されています。

 これらの中に、ウイルス感染が口の中からも始まる可能性を示しているものもあります。

 今後ますます検証が進むと、コロナウイルス感染の予防には口腔衛生管理が重要であることが

 はっきりしてくるかもしれません。

 

 

 たかま歯科医院では、正しい歯磨き正しいうがいの仕方を

 お伝えしているので、定期健診の受診をおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

月別アーカイブ

Web予約