スタッフブログ

スタッフブログ

2020/10/19
永久歯が生えて、歯並びが気になってませんか?

 

 

 

 

こんにちわ、受付の佐藤です^^

 

 

最近は冷え込む日も多くなってきて、風邪を引きやすい時期になってきました。

コロナウイルスも大阪では1日40人前後の新規感染者数となっていますが、

これからインフルエンザウイルスの流行時期も重なってきますので

お口の中の細菌数も減らし体内にウイルスを取り込む量を減らすように

毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスもしっかりと行いたいですよね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はお子様の生えかわりの時期の歯並びについてお話しします^^ 

 

 

 

 

入試の頃は綺麗だったのに、永久歯が生えて

急に歯並びが悪くなってしまったら心配ですよね。。

 

 

 

でも永久歯の前歯が生えてきた頃に将来の

「乱杭歯(叢生)」が決まるわけではないので、

「今すぐ矯正を」と焦らないでくださいね!

 

 

「とりあえず」と前歯を綺麗に並べても、

次に犬歯などが生えるためのスペースがなくなってしまいます。

 

 

叢生は(そうせい)は、歯に対してあごのスペースが狭いときや、

あごに対して永久歯が大きいときに起きますが、歯の生え変わりに

合わせてあごも成長しますし、改善に向かうケースも大変多いです。

 

 

 

叢生を診断する一つの方法としては、上下の前歯4本が生えた頃に

将来の歯並びの予測が数値として立つという目処はあるのですが、

歯並びの問題には叢生の他に、出っ歯、受け口、開口などがあり

それらが複合していることもあります。

 

 

 

かかりつけ歯科医院で歯の生え変わりを定期的に確認してもらい、治療をする必要があるのか、

必要なら開始どきはいつかを相談していくのが、最も確実だと思います。

 

 

 

 

一番残念なのは、治療を希望しながら、治療開始のベストなタイミングを逃してしまうこと。

 

 

お子様の矯正治療は、顎の成長発育を視野に入れて行うことで、

骨格の成長の軌道修正ができ、治療が有利に進められることが多いのです。

 

 

 

そのタイミングを逃さないためにも、定期的にお子さんのお口の育ちを診てもらいましょう。

 

 

 

 

咬合誘導は、小児歯科専門医が行いことも多いです。

 

また、お口がポカンと開ける癖があると、唇の力が歯に加わらず、

出っ歯になりやすいので、癖を直す指導を受けるのもオススメです。

 

 

 

本格的な矯正治療が必要な場合は、連携する矯正歯科専門医を紹介させていただきます。

 

 

 

矯正の治療中は、装置によっては歯磨きが難しいので、

虫歯予防がとても重要になります。

  

 

かかりつけで経過観察を受けながら、予防の習慣を身につけておきましょう。

 

 

 

preortho-8.jpg

 

 

 

 

 

 

 

たかま歯科医院のお子様の矯正のページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/10/01
感染予防対策について 〜飛沫感染対策〜

 

 

こんにちは。

暑さが落ち着き、過ごしやすい季節になりました。

 

 

ウイルス感染についての情報がテレビ番組等で

取り上げられる頻度が少なくなってきているように感じます。

 

 

当医院では、院内感染が起こらないように

消毒や換気、検温などの実施を引続きおこなっています。

 

 

 

今回は医療従事者であるスタッフの感染予防対策についてです。

患者様とのお口の距離が近く、感染リスクが高い職業ですが

マスク、ゴーグル、フェイスシールドの着用で

飛沫感染の対策をしています。

 

 IMG_7858.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフも安心して業務に取り組めます。

 

 

カテゴリ:

2020/09/09
歯周病の治療後には歯ぐきが下がって見える?

 

 

 

 

こんにちわ、スタッフの佐藤です^^

 

 

 

  

今回は、歯周病の治療後についてお話しします。

 

 

 

よくあるご質問で、

「歯周病が進行していて治療を受けることになり、

歯医者で「今は歯ぐきが腫れていてわかりませんが、治療後は歯ぐきが下がって見えるようになります。」

と言われました。そんなものでしょうか?

 

 

 

とのことですが、

歯ぐきの治療を終えて歯ぐきの腫れが治ると、歯ぐきが下がることがあります。

 

これは、いわば、「治療の後遺症」で仕方がないものなんです。

 

 

むしろ歯を失わない段階で治療ができたことを、前向きに考えて頂ければと思います。

 

 

 

 

歯ぐきが下がる一番の原因は、歯周病の進行による「顎(あご)の骨の破壊」です。

 

歯は土台となるあごの骨に埋まるように生えています。

 

そして歯をぐるりと囲むあごの骨にかぶさるように歯ぐきが付いています。

 

 

歯周病が進行すると少しずつあごの骨が破壊されて、溶けて沈んでいきます。

 

 

いわば、"地盤沈下"の状態で、これに伴いあごの骨に付着している歯ぐきも一緒に下がっていくのです。

 

 

また、歯周病で起こる歯ぐきの炎症も、歯ぐきが下がる一因です。

 

炎症が続き歯ぐきの組織が破壊されるとその付着力が低下し、あごの骨や歯からはがれやすくなります。

 

 

歯周病は悪化して痛みや出血があり歯科に駆け込むときは大抵、

歯ぐきが腫れて歯にかぶさるように盛り上がっているからです。

 

その様子は健康な歯ぐきのようにも見えます。

 

 

ですが、これは極めて病的な状態なんです。

 

 

歯ぐきの炎症は歯周病菌が体内に侵入するのを防ごうとする体の反応で、

病原菌を撃退するために、白血球などが毛細血管を通じて

歯周病菌のいる歯ぐきに集まります。

 

 

 

すると血管が充血して太くなるので、歯ぐきが腫れ、赤く見えるようになります。

 

 

 

集まってきた白血球からは、細菌を殺す炎症性物質が盛んに産生されます。

 

 

この炎症を放置すると痛みや腫れはさらに悪化し、膿なども出て歯周病がさらに悪化します。

 

 

 

そのため、治療では歯周病菌の塊であるプラークや歯石(プラークが石灰化したもの)を徹底的に取り除きます。

こうした処置と患者さん自身の治す力により歯周病菌の活動が治ると、歯ぐきの腫れは消失します。

 

 

 

しかしこの結果、歯ぐきはあごの骨の位置にまで沈むので、歯周病が進んであごの骨が溶けて

減っている場合、治療前に比べて大きく歯ぐきが下がって見えるのです。

 

患者さんによっては、歯の根(歯根)が見える位置まで下がり、

歯と歯の隙間が目立つようになることもあります。

 

 

歯周病治療で歯ぐきが下がることは、現段階の技術では残念ながら避けられません。

 

「治療の後遺症のようなもの」と考えていただくと良いと思います。

 

 

歯を抜かなくても良い段階で治療できたことをむしろプラスに捉え、

今後定期的メンテナンスへ通院して今ある歯を最大限残していけるようにしていきたいですね^^

 

 

 

 

 

たかま歯科の予防歯科のページはこちら

 

 

 

 

IMG_7858.jpg

 

 

 

 

 

カテゴリ:,

2020/09/08
離乳食の時期から「食べる機能」を育てませんか?

 

 

 

こんにちわ、スタッフの佐藤です^^

 

 

 

 

今回は、離乳食の時期の小さなお子様の食事についてお話します!

 

小さなお子様の食事は、思うようにいかないのが当たり前です。

 

 

なぜかというと、お子様の歯の生える時期にはかなりの個人差があるので、

前歯が生え、奥歯が揃うに従って段階的に進んで行く

「食べる機能」の発達を、月齢で区切るのは難しいからなんです!

 

 

日々の食事の中でたくさん思っていることはありますよね!

 

そんな些細なことを解決出来るヒントをお伝えします!

 

 

 

 

 

離乳食はだいたい離乳初期が(5、6ヶ月〜)から始まります。

 

離乳食を喜んで食べてくれないと、何が原因なのか悩みますよね。

 

ただ、それまでおっぱいを原始反射で飲んでいた赤ちゃんにとって、

離乳食の開始は大人が想像する以上に大きなハードルなのです。

 

 

 

反射がまだ少し残っている時は、いくら美味しい離乳食をあげても

「ベェー」と舌で出すので、ご両親も焦らず行きましょう。

おっぱいをよく飲んで元気なら心配いりません。

 

 

そもそも離乳食を始める時期にはちょっとしたコツがあります!

 

 

 

スプーンでちょんちょんと下唇を突いた時、舌で押し出したり、口を尖がらせスプーンを

入れさせないのは「まだ早い」というサインなんです!

 

お口を開けてくれる時期を待ってみてもいいでしょう^^

 

 

 

 

離乳中期(7、8か月〜)では、食べる機能が飛躍的にアップします!

この頃には、下の前歯が生え始めます。上唇もよく動くようになってきます。

 

 

くちびるが左右にキュッキュッと引っ張られていたら、

それが食べ物を舌で押しつぶしているサインです!

 

形のないペーストから、柔らかくて潰せるような

形のあるものを食べられるようになっています。

 

 

 

そして、離乳後期(9か月〜)になると、前歯が生え揃ってきます。 

 

自分で盛んに食べたがり、手づかみ食べが始まります。

まだ不器用なので散らかし放題ですが、

将来道具を使って上手に食べるための訓練なので、大目に見てあげましょう^^

 

この時、口に少し遅れてての発達も始まるのですが、まだ不慣れなので、

口に詰め込めるだけ詰め込み、「ゲッ」と出しては適切な一口の量を学びます。

喉に詰まらせないように注意しましょう!

 

 

 

 

 

離乳完了期(1歳、1歳半〜)になると、

食べ物を手で持ち、一口の適量を噛み切って食べられるようになります。

奥歯が生え始め、噛む練習も一段と進みます!

 

この時期に大切なのが、「かじり取り」です。

離乳後期の9か月頃の詰め込みすぎの失敗を重ねたおかげで、

適切な一口の量がわかるようになり、「自食」がさまになってくるのです^^

 

 

 

 

今回は離乳食の時期のみの食育についてお話ししました!

 

成長する過程の中で少しの時間ですが大切な時間になります。

何か疑問などあれば当院にてお待ちしております^^

 

 

 

syokuji_baby_kitanai.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たかま歯科医院の小児のページはこちら

 

 

 

 

 

  

 

 

2020/08/04
エナメル形成不全ってご存知ですか?

 

 

 

 

こんにちわ、スタッフの佐藤です^^

 

 

 

 

 

今回は、最近だんだんと増えてきていると言われている

「 エナメル形成不全 」についてご説明致します!

 

 

 

今は、5人に1人がエナメル形成不全になっているとも言われています。

 

 

 

その原因として考えられることをお話ししていきますね!

 

 

 

まず、エナメル形成不全とは、要するに歯の出来があまり良くない歯ということで

歯の表面がガタガタしているので汚れが溜まりやすかったり、虫歯にも弱い歯なんです。

 

 

 

歯は、乳歯でも永久歯でも育つ時期が限られています。

 

 

エナメル質の出来に問題がある場合、その時期に、

育ちを阻害する何らかの問題が起きているんです。

 

 

乳歯なら妊娠4〜5か月くらいでエナメル質ができてくるので、おそらくこの時期に。

 

永久歯は、出生後に硬くなり始め、3歳ごろまでにエナメル質が出来上がるので、

ここで何らかの問題が起きている可能性があります。

 

 

大きく分けると、遺伝的要因と環境的要因に分けられますが、

遺伝的要因については影響は限定的だと言われています。

 

 

環境的要因、つまり歯が育つ妊娠期から出生後の幼児期までの

お子さんの育つ環境に問題が起きていると考えられます。

 

 

 

 

そこで最近言われているのが、

「 ビタミンD欠乏症 」です。

 

 

 

ビタミンDというと、カルシウムやリンの吸収を促進する、

骨や歯の形成に欠かせない栄養素です。

 

 

 

子どもだと、くる病。大人でも骨軟化症や骨粗鬆症など、

骨の成長や代謝が阻害されてしまう病気を引き起こします。

 

 

実際に、ビタミンD欠乏症が原因で子どものくる病が増えているという報告があるそうです。

 

 

 

「歯の成長期のビタミンDの欠乏がエナメル形成不全を引き起こしているのではないか」

ということが、現在最も有力な説だそうです。

 

 

 

食生活の変化も大きな原因で、ビタミンDは魚やキノコに多く含まれますが、

特に若い方に魚を食べない方が増えているのではと考えられています。

 

 

他にも意外なのは「 紫外線 」が大きく影響しているので?ということです。

 

 

ビタミンDは食べ物から摂る以外に、皮膚が紫外線に当たることで体内でも合成されます。

効率よく働く質の良いビタミンDを得ることができるんです。

 

 

しかし最近は美白ブームで、顔だけでなく、手足にも日焼け止めを塗る方が増えました。

 

 

特に若い女性には多く見られますよね。

 

 

 

つまり、食生活の変化と徹底した紫外線対策がエナメル質形成不全へと繋がっていると考えられています。

 

 

こうした歯を守っていくにはどうしたらいいか?ということですが、、

 

 

 

エナメル質が柔らかくて虫歯の菌の出すさんへの抵抗力が弱いので、

むし歯にならないように予防していくのが一番大事ですね。

 

表面がデコボコでバイオフィルムがくっつきやすいのもむし歯になりやすい一因なのです。

  

歯磨きやフロスを丁寧にするのはもちろんですが、

歯磨き指導やフッ素の効果的な使い方の指導を受けたり、シーラントをしたりして守っていきます。

 

 

 

エナメル形成不全の歯は通常の健康な歯とは違うので、定期的な地下でのチェックが必要になりますね。

 

 

 

実はビタミンDは骨や歯を硬く丈夫にする以外にも、重要な役割をしていることがわかっています。

 

 

免疫機能を高めるということが分かっています。

 

 

 

 

何事も重要なのはバランスです。

日焼け対策も母乳育児も食事も。紫外線のプロテクトはほどほどに、1日10〜20分程度は日に当たる。

 

 

 

こういったことを少し意識するだけでもより健康な歯を手に入れられるかもしれませんね^^

 

_lf83s2o.png 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

たかま歯科の小児歯科のページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/08/03
当医院の感染予防対策 〜空気環境改善〜

 

 

 

こんにちは。

梅雨が明け、洗濯物が乾きやすい時期になりました。

 

 

 

当医院では院内の空気環境改善の取り組みとして

エアロサービス社製の業務用空気清浄装置を設置しています。

 

IMG_3762.JPG

 

 

 

 

 

 

 

家庭用空気清浄機の7〜10倍の清浄能力があり

ウイルスや細菌類、PM2.5やカビ・花粉などを

強力に吸い込み、集塵・除菌・脱臭をします。

 

 

 

衛生的でクリーンな空気環境です。

安心してご来院ください。

 

 

 

カテゴリ:

2020/07/13
当医院の感染予防対策 〜受付のトレー〜

 

 

こんにちは。

今年の梅雨明けは遅いみたいですね。

 

 

 

 

当医院では受付に受け渡し用のトレーを

設けています。

お会計時の治療費やおつり

診察券や保険書のカード類も

トレーを介して受け渡しを行うことで

少しでも感染のリスクを減らす取り組みをしています。

 

 

 

ご協力よろしくお願いします。

 

 

 

カテゴリ:

2020/07/08
当医院の感染予防対策 〜滅菌について〜

 

 

 

こんにちは。雨の日が続いていますね。

 

 

 

全国的に非常事態宣言が解除され、自粛の緩和がされています。

当医院では、これからも油断することなく

感染対策を高いレベルで継続していきます。

 

 

 

 

滅菌という言葉をご存知ですか?

滅菌とはすべての菌を死滅・除去することです。

消毒や殺菌と違い、菌や微生物ウイルスなどの残量が

100万文の1になることと定義がはっきりとしています。

 

 

 

簡単に言うと

「除菌」菌の数を減らす

「消毒」菌を無毒化にする

「殺菌」菌をある程度殺す(程度は決まっていない)

「抗菌」菌の繁殖を防ぐ

「滅菌」菌を完全に殺す

 

 

 

 

歯科医院には通常、滅菌器というものが完備されています。

当医院では、治療で使用するタービンと言われる切削器具や

その先に付けるバー、歯石取りに使用するスケーラーと呼ばれる器具も

一度使用したら全て滅菌いたします。

患者様ごとに滅菌パックから取り出して使用しています。

 

 

 

今後も安心して通っていただけるように

勤めていきます。

 

 

カテゴリ:

2020/07/03
舌の位置って決まっていること知ってましたか?

こんにちわ、スタッフの佐藤です^^

 

 

 

 

今回は、たかま歯科でもよく話題になる舌の位置についてお話しします。

 

 

 

まず、一回舌をベーっと出してみてください。

そのあと口を閉じてみたとき、舌の位置ってどこにあるかご自身で分かりますか?

 

 

 

「今まで意識をしたことがなかったから分からない」と思いませんでしたか??

 

 

 

舌の位置.jpg

このイラストの中で正しいのは一番左の舌の位置なんです!

 

 

 

舌の先の方は、「スポット」と言われる場所についていなければなりません。

上の前歯に触れている場合、意識はなくても舌の押し出す力によって

前歯の歯並びに影響を及ぼしている場合もある程意外と舌の力って影響があるんです。

 

 

 

 

 

その「スポット」という場所は、

スポット.png

 

この位置に舌を合わせ、舌全体は上あごにペッタリとくっつくように

自然と上がっているのが理想の位置になります。

 

 

 

この状態なら口はしっかり閉じられ、呼吸は鼻を通じて行われます。

鼻腔(びくう)内には、空気中のゴミを取り除く鼻毛や、

温度・湿度を調節する副鼻腔と呼ぶ空洞があり、外気を調整して体内へ取り入れられます。 

 

 

 

 

一方、口にはこういった機能がありません。

そのため口で呼吸する習慣がある人は、のどや気管が調整されない外気にさらされ、

粘膜を傷めたり、ウイルスなどの侵入が起きたりしやすいのです。

さらに、粘膜上で炎症が慢性化して免疫のバランスが崩れ、アレルギーなどが起きやすくなるとも言われています。

 
 
 

「人間は本来、鼻で呼吸するようにできています。

口で呼吸するのは、鼻でものを食べるのと同じぐらい、おかしな体の使い方といえる」

と福岡県にあるクリニックの今井院長はお話ししています。

 

 

特に重要なのが、睡眠中の呼吸だそうで、

朝、目が覚めた時に口の中が渇いていたり、のどがひりひりする人は、

寝ている間に口呼吸になっている可能性が高いそうです。

 

 

 

舌が上あごにつかない状態を低位舌と言われます。

 

この低位舌が歯並びだけではなく、将来無呼吸症候群になるリスクを高めるとも言われています。

 

低位舌は舌の筋力が弱いことから引き起こされる場合が多いのです。

舌の筋力が弱い方は、寝ている体勢で舌がのどに落ちていくことによって

気道が塞がれ呼吸が行いにくくなることも睡眠時無呼吸症候群の原因のひとつだとも言われています。

 

 

 

意外と舌の役割は歯だけでなく、体のつくりまでにも大きく関わっているのです。

 

 

 

舌の筋肉を鍛えるトレーニングなどもあるので、小さなお子様はもちろん、大人になった方でも

舌の筋力が弱いと思う方がいれば、ぜひご相談ください!

 

 

 

 

 

たかま歯科のホームページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

2020/06/12
当医院の感染予防対策 〜換気について〜

 

 

 

 

こんにちは。

梅雨の時期がきましたね。

 

 

 

当医院では常に扉を開けて換気をしています。

 

 

 

待合室では少しでも密になるのを避けるために

出入口の外にも椅子を設けているのでご利用ください。

 

 

 

診療室へ入る際にはアルコールでの手指消毒の

ご協力をお願いします。

 

 

 

 

カテゴリ:

  • 1

月別アーカイブ

カテゴリ

Web予約