メンテナンスって何をするの?? - スタッフブログ

スタッフブログ

2019/07/24
メンテナンスって何をするの??

 

 

 

 

こんにちわ、スタッフの佐藤です^^

 

 

 

 

今回は、むし歯や歯周病などの治療が終わった後の新たなスタートとなるメンテナンスですが、

良好な状態を維持するためには、歯科に定期的に通っていただくことが大切です。

 

 

とは知っていても、「しっかり歯磨きしているから大丈夫」と足が遠のいたりしていませんか?

 

メンテナンスの重要性を改めてお伝えします!

 

 

 

 

まず、メンテナンスの基本的な流れとして、

 

 

STEP1.問診・診察

 

・歯やお口のなか、体調や日常生活など、

これまでとの変化や気になっていることをお伺いします。

 

・お口のなかを拝見して、むし歯や歯周病はないか、

治療したところにトラブルが起きてないかなどをチェックします。

 

・治療が必要な部分が見つかったら、歯科医師と一緒に対応します。

 

 

STEP2.セルフケアのアドバイス

 

・プラーク(歯垢・細菌の塊)の付いている場所や量から、

患者さんごとにセルフケアのコツをアドバイスします。

歯ブラシの選び方、動かし方、歯磨き剤の選び方などをご説明します。

 

・すでに十分綺麗に磨けている方は、毎回は必要ありません。

 

STEP3.プラーク・歯石の除去

 

・患者さんの歯磨きだけでは取りきれないプラークや歯石を、

専門の器具で取り除きます。お口のなかの環境を整えることで、

むし歯や歯周病になりにくい状態にします。

 

STEP4.PMTC

 

・歯の表面を専門の器具で磨きます。

STEP3が歯と歯ぐきの溝の中を清掃するのがメインなのに対し、

ここでは歯そのものを磨きます。

 

STEP5.歯科医師の診察

 

・歯科衛生士のチェックをもとに、歯科医師が診察します。

 

 

その他にも、様々な検査も行っています。

 

・歯周病検査(歯周ポケット測定検査)

 

歯周病になっていないかを調べるため、プローブを歯と歯ぐきの間に差し込んで

深さを測定します。歯ぐきの腫れや出血の有無も記録します。

 

・染め出し(染色)

 

染め出し液を塗布すると、プラークに反応して色が変わって、

磨き残し部分が明らかに今後の歯磨きの重点ポイントがわかります。

 

 

検査の他にも、歯医者でしかできないことがあります。

 

それは、「縁(ふち)の下」のクリーニングです。

 

 

歯と歯ぐきの溝の奥にあるプラークや歯石は、鹿の器具でしか除去できません。

たまった歯石は細菌の格好の隠れ家になり、歯周病の原因になります。

 

 

こういったクリーニングをたかま歯科では行っております。

 

 

最近歯医者行ってないなあ、、

 

しっかり口の中の状態を聞きたいなあ、、

 

と、思われている方、ぜひクリーニングでお待ちしております^^ 

 

 

 

 

たかま歯科医院のメンテナンスのページへ

 

 

illust-dental2007.jpg

 

 

 

 

 

 

月別アーカイブ

Web予約