歯周病治療と予防とは?? - スタッフブログ

スタッフブログ

2019/05/08
歯周病治療と予防とは??

 

 

 

こんにちわ、受付・助手の佐藤です^^

 

 

 

 

今回は、たかま歯科にも多くの患者様が通院していただいている、

「 メンテナンス 」についてお話ししたいと思います!

 

 

そもそも、メンテナンスとはご存知でしょうか?

 

 

簡単に言うと、お口の中の定期検診と、

ご自身でのケアが難しいところに付いてしまった汚れや歯石のお掃除をいいます。

 

 

 

「 プラーク 」という言葉は聞いたことはありますか?

 

 

歯周病菌の原因は、プラークという最近の塊です。

食べカスではないので、うがいや水洗いでは取れません。

 

排水口の滑りのようにベタベタヌルヌルしつこくくっつき、

歯周ポケットの奥深くや、こびりついた歯石の中にまで、

スキなく潜り込んでしまう、とても厄介なものなんです!

 

 

歯周病の治療と予防の鍵は、いかにこのプラークを除去するか。ということになります。

 

 

 

例えば、毎日朝晩歯磨きをしているのに、歯科に行って歯周病検査を受けてみたら

歯周病だと言われた。どうしてでしょうか?

 

 

原因は様々あり、その患者様の生活スタイルであったり遺伝等もありますが、

大きな原因の一つとして、

「 歯ブラシの毛先が必要な場所に十分に届いていない 」可能性があります!

 

 

歯周病は、プラークが歯と歯ぐきの境目にたまることによって発症するからです。

 

 

 

プラークは、歯にベタベタとつく細菌の塊。この中に潜む歯周病菌が出す毒素が、

歯の周りの組織に炎症を起こします。炎症で歯を支える骨が失われると、

ついには歯がグラグラになってしまいます。

 

 

 

歯周病の特徴は、よほど酷くならないと痛みが出ないこと。

しかも通常、それほど急激には進行せず、5年単位、10年単位で悪化していきます。

 

 

そのため、歯ぐきの腫れに気づかずに過ごしている方、気づいても

治療の必要性を感じていない方は多いと思います。

 

 

そして、歯周病は治療も独特で、患者さんご自身が「よし、治すぞ!」と腰を上げて

くださる必要があります。私たちと一緒に、自ら治療に取り組んでくださらないと

なかなか成果が上がらないという、厄介な病気なんです。

 

 

 

だからこそ、私たち歯科のプロには、歯周ポケットの奥までツルツルにクリーニングし、

患者さんご自身が歯ブラシとフロスでプラーク除去しやすい環境をしっかりと整えて

差し上げる使命があるというわけです。

 

 

歯周病の治療は、患者さんにも一緒に参加していただくことによって、

はじめて良い結果を出すことができます。

そして治療後の良い状態を長く保つことができるんです!!

 

 

 

 

歯周病の治療は「治したい!」という患者さん自身のお気持ちが大事です。

 

自分の歯で美味しく食べ元気ですごしていくために、

「痛くなから」と先送りにせず、ぜひ私たちと一緒に歯周病の治療を始めませんか。

 

 

そして、治療が終わった後は定期的なメンテナンスを受け

歯周病の再発を予防して、大切な歯を守っていきましょう!

 

 

 

 

 

 

たかま歯科の歯周病治療のページはこちら!

 

 

 

 

月別アーカイブ

Web予約