熱中症予防にと、スポーツドリンクを飲んでませんか? - スタッフブログ

スタッフブログ

2018/08/08
熱中症予防にと、スポーツドリンクを飲んでませんか?

 

 

 

こんにちわ、受付の佐藤です^^

 

 

 

 

 

 

今回は、暑い日が続くシーズンこそお世話になる事の多い、

「 スポーツドリンク 」についてお話しします!!

 

 

 

 

熱中症予防にこまめな水分摂取が求められる時期なので、

スポーツドリンクを常に飲んでいる方も多いでしょう。

 

 

実際私も歯科で勤める前までは、清涼飲料水をよく飲んでいました。

 

(ただ、身近な市販飲料などの酸性度を表す表を見て、少し飲む事を減らしました。笑)

 

 

部活等でスポーツを行っている方、外でお仕事をされているかたは、

少しでも効率の良い水分摂取をしたいと思う方が多いと思います。

 

 

 

ただ、ほんとうにそのスポーツドリンクは理想的な水分補給の手段でしょうか??

 

 

 

 

たとえば、中学三年生まで歯医者のメンテナンスに通院されていたAさん。

 

高校生になって部活(野球部)が忙しくなって、三年間通院が中断された患者様。

 

 

三年ぶりの秋に来たときには、上の前歯全体にむし歯ができていました。

 

 

部活動では、熱中症予防にスポーツドリンクを倍に薄めて飲むように

コーチから勧められ、飲み続けていたそうです。

 

 

歯みがきが不十分で初期むし歯になっていたところが、

スポーツドリンクを常に飲む事により、むし歯になったと考えられます。。。

 

 

 

さらに、意外にスポーツドリンクの糖質って多いんです!!

 

 

 

  

まず、スポーツドリンクのラベルを見て下さい。

 

栄養成分表示を確認して下さい。エネルギー・タンパク質・・・たくさんありますよね。

 

 

 

 

そこで、「 砂糖 」は、表示に無いですよね。

 

  

実は、 「 炭水化物 」と表示されているものが砂糖なんです。

 

 

  

仮に炭水化物が6.2グラムと書いていたとしましょう。

 

 

 

 

一本に6.2グラムの砂糖が入っている訳ではありません。

 

 

 

栄養成分表示は100mlあたりの表示なので、500mlのペットボトルだと、

 

約30グラムになります!

 

それに、砂糖の他に「果糖ぶどう糖液糖」が入っているから、

 

 

「砂糖と果糖ぶどう糖液糖を合わせた糖質の量が約30g」ということです。

 

 

 

果糖ぶどう糖液糖もむし歯の栄養となるのです。。

 

 

 

30グラムとは、だいたい角砂糖8〜!0個分程です。

 

 

 

これを一日に3本も飲んでいると思うとかなりのむし歯のリスクを高めているということになりますね!!!

 

 

 

 

ですので、

 

喉が渇いたら水かお茶。

 

 

汗をかいたら、お水に0.1〜0.2%の塩を入れる

 

 

 

脱水症状が出ていれば、経口補水液。

 

 

 

これを基本的には守っていれば、むし歯のリスクも気にせずに

脱水症状を引き起こすリスクも抑えられるという訳です!!

 

 

 

 

 

本当は、スポーツドリンクのように美味しくて、経口補水液のように

体に吸収されやすくて、酸を含んでいない飲み物があれば一番良いのですが、

残念ながら現在はそのような商品はありません。

 

 

 

スポーツドリンクは味がよく、ポジティブなイメージがある飲み物です。

 

 

しかし、今回お話ししたように、歯や体の健康には、

必ずしも理想的とは言えません。子どもに限った話でもありません。

 

 

 

そのことをご理解頂いた上で、あくまで嗜好品として、賢くおつきあい頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

petbottle_sports.png 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たかま歯科のホームページはこちら

 

 

 

 

 

月別アーカイブ

Web予約